BLOGブログ

  • トップページ>
  • ブログ>
  • 【理想の暮らしから考えようvol.2】シックハウス症候群が心配…(30代女性Bさん)

2019.01.15

● 家づくりノウハウ

【理想の暮らしから考えようvol.2】シックハウス症候群が心配…(30代女性Bさん)

しらかばハウジングが大切だと考えている、「どんな暮らしをしたいかを考えた家づくり」を、会話形式で紹介する同シリーズ。今回は「理想の暮らし」よりも「心配ごと」が先に立ってしまっているBさんのケースです。
※Bさんは架空の人物です。

 

■友達がシックハウス症候群になってしまって…

Bさん「家を建てたいと考えているんですが、先日友人の話を聞いたら怖くなってしまって…」

しらかば「どうされたのですか?」

Bさんシックハウス症候群になってしまったと言うんです。新築の一軒家を建てたんですが、家の中にいると、目やのどが痛かったり、吐き気がしたりするんだそうです。あんなに新しい家が建つのを喜んでいたのに、住み始めたら体調を崩すなんて……。だから私も、そうなる可能性があると思うと憂鬱になってきました」

しらかば「シックハウス症候群は、家を建てる時に建材などに使用された化学物質が原因だと言われていることもあり、厚生労働省が、ホルムアルテヒドやアセトアルテヒドなど13の物質について室内濃度指針を出しています。ただ、それでも完全に大丈夫とは言い切れないところもあります。私たちのアレルギー反応が、何に対して出るのかは人それぞれですよね。花粉症があるくらいですから、化学物質でなくても杉やヒノキで調子が悪くなる方もいらっしゃるでしょうし。『これを使わずに家を建てれば100%大丈夫だ』と言い切るのは、なかなか難しいのではないかと思いますよ」

■有害物質を中和してくれる「免疫住宅」

Bさん「そうですか…。私は花粉症もありますし、アレルギー症状は出やすい方かなと思います。新築をやめて、中古を買った方が良いのかしら」

しらかば「でも中古住宅を買ったあとにリフォームをするなら、中古を買ってもリスクはあまり変わらないですよね。それよりも、空気をきれいにしてくれる家で暮らすという選択はいかがですか」

Bさん「そんな家ができるんですか?それだと、シックハウス症候群にはならないんですか?」

しらかば「私たちは、『免疫住宅』というものを手掛けています。FFCテクノロジーという技術を使って、肌に直接触れる床板や壁の表面に、有害物質を中和する能力を持たせることができます。したがって、シックハウス症候群の原因となりやすい化学物質も中和するので、シックハウスになる確率はぐんと下がるのではないでしょうか」(http://www.immwood.jp/about

Bさん「それは、表面に何か特別なものを塗るというイメージですか?それで色が変わったり、変な臭いがしたりはしないのですか?効果も、だんだん薄れていくんじゃないかと思うのですが…」

しらかば「イメージしにくいと思うのですが、私たちが使う床材や壁材、壁紙などに時間をかけて化学物質の害を最小限に抑える成分を浸透させるのです。色や臭いは大丈夫ですよ。
それから、効果がだんだん薄れていくことはなく、むしろ増殖していきます。はじめは一部の床や壁に施されただけのFFCが、やがて空気中に広がっていくので、部屋全体、家全体が、その能力をもったものになるのです。

実は今の時代は、家そのものよりも、設置した家具によるシックハウス症候群が心配されているのをご存知ですか。なぜなら家具は、住宅のように国の法律で化学物質が規制されていないからです。その面から考えても、FFCを施しておけば家具にもその力が増殖していくので安心感が増しますよね。」

 

FFCテクノロジーとは、住宅で使用する木材・建材・クロス等の素材に含まれる水分(結合水)に水溶性の2種類の鉄(Fe2・Fe3)ミネラルを含浸させる技術です。(参照サイト:http://www.immwood.jp/about

 

■健康はお金では買えないから…

Bさん「何となく分かったような…。でもFFCもおいしい空気も目には見えないから、『そこにある』って実感するのが難しそうですね」

しらかば「そうですよね。魅力をお伝えするにも、そこが難しいところです。たぶんBさんが、普段から体の不調があまりない方だと、免疫住宅に住んでも良さがピンと来ないかもしれません。ですが不調を抱えている人にはビビッと来るようですよ」

Bさん「空気の違いに気づくっていうことですか?」

しらかば「そうです。しらかばハウジングの事務所の一部屋にも、FFCが施してあるのですが、来店してくださった方で化学物質過敏症の方がいらっしゃいました。一般基準値内の化学物質でも、体が反応してしまって体調が悪くなるそうで、肌が外気に触れないように全身を覆われていました。でも2時間ぐらいお話した後、少し脱がれて『ここってFFC加工されてますよね?私、こういう空気の所じゃないとツラいんです』と、おっしゃったのです。分かる人には分かるんだなぁと思いましたよ」

Bさんシックハウスだけでなく、いろんなアレルギー症状や過敏な人にも良いんですね。私は花粉症なのですが、どうですか?」

しらかば「花粉症の方がしらかばに来られて、『花粉を感じない』とおっしゃったことがあります。他にも、アトピー性皮膚炎の方は、かゆみを感じにくいとか。重度の糖尿病の方に喜ばれたこともあります。感じ方は人それぞれなので一概には言えないのですが、健康はお金では買えないですからね。家を建てる時に少しでも工夫できることがあるなら、積極的にやってみてもよいと思いますよ」

Bさん「ありがとうございます。心配ごとが減って、新築を前向きに考えられそうです」


※FFCが施してある、しらかばハウジングの打合せルーム