BLOGブログ

2018.03.13

住まいのノウハウ

健康な家のためのシロアリ対策:ティンボア

みなさんは、日本の住宅に被害を及ぼすシロアリの種類を知っていますか?

ヤマトシロアリ、イエシロアリといった日本のシロアリや外来種のアメリカカンザイシロアリです。

ヤマトシロアリは地中に生息し、1階の部分に被害を及ぼします。イエシロアリは1階だけでなく上階にも。またアメリカカンザイシロアリは、空中から飛来することもあります。

以前(健康な家のためのシロアリ対策:セントリコン/https://goo.gl/hTk4J7)では、防蟻対策として、セントリコンをご紹介しました。今回は、しらかばハウジングが新築住宅の際に採用している防蟻・防腐剤のティンボアをご説明します。

ティンボアは、ホウ酸塩粉末をお湯で溶かし、水溶液として住宅の全体に処理するもの。ホウ酸塩は、摂取したシロアリが脱皮をできないようにする効果があります。そのため、シロアリを駆除することができるんです。

ホウ酸塩の特徴は次のような点。

分解しない無機質であり、揮発や蒸発もしないので空気も汚しません。余分なホウ酸塩を排出できる器官の腎臓を持った人間をはじめとする哺乳類には、安全です。効果が持続し、環境にも人間にも優しいのは嬉しいですね♪

家そのものも健康で、そこに住むご家族も健康で、安心・安全で暮らせるのが一番です。シロアリ対策についてのご相談も、どうぞお気軽にお問い合わせください。
 
【関連記事】
「健康な家のためのシロアリ対策:セントリコン」
https://goo.gl/hTk4J7