BLOGブログ

2018.04.03

住まいのノウハウ

エネファームについて

前回(http://shirakaba-h.com/blog/20180322)では、ホーム・エネルギー・マネジメント・システムのHEMS(ヘムス)について、ご紹介しました。

 

HEMSは、各種の機器をネットワークで結び付け、消費エネルギーや発電量などがモニターで確認でき、省エネや節電などの意識を高める総合的な管理システムとお伝えしました。

 

今回は、管理される側の各機器のひとつとして、エネファームをご紹介します♪

 

 

エネファームは、水素と酸素で効率的に発電を行ない、また発電時の熱を給湯に利用するシステムです。より詳しく説明すると、都市ガスやLPガスから水素を取り出し、空気中の酸素と反応させて、発電をします。その際に発生する熱で、お湯を沸かして給湯に利用することで、無駄なくエネルギーを使い、二酸化炭素の排出も削減できるんです♪

 

電気をつくる場所と使う場所が同じなので、発電所から家庭までの送電ロスが抑えられ、エネルギー効率が非常に高いのも特徴のひとつです。また暮らす人の生活リズムに合わせた自動運転機能やリモコンなどもあるので、使いやすさも配慮されているのもポイント。

 

エネファームを採用する時には、補助金制度もあるので、そちらも併せてチェックしてみてくださいね♪省エネで快適な暮らしを実現しましょう。

 

しらかばハウジングでは「安心・安全・健康」に暮らせる家づくりを目指しています。ご家族の幸せな暮らしを実現するため、HEMSなどのシステム、エネファームといった機器を上手に取り入れながら、環境にもお財布にも優しい省エネで快適な暮らしを実現してみてはいかがでしょうか。

 

次回は、エコキュートについて、詳しくご紹介します。