BLOGブログ

2018.05.15

住まいのノウハウ

犬種にまで配慮したい、ペットとの暮らし

ワンちゃんを飼っている方や、家を建てたら飼いたいなと考えている方に質問です。
「どんな家を建てるかを考える時、ワンちゃんにとっての住み心地も考えていらっしゃいますか?」

実は、しらかばハウジング社長の池田は「愛犬家住宅コーディネーター」の資格ももつ愛犬家。毎日、家に帰ると大喜びで迎えてくれるジャックラッセルテリアの親子2匹のワンちゃんを、とっても愛しています。ですので「犬と暮らす家」については、しっかりとお話することができます。「大切なのは、犬を飼っているかじゃない!どの犬種の犬を飼っているかだ!」と熱く語ってくれること間違いなしです(笑)。

犬種が大事だというのは、どういうことでしょうか。
例えば、ハスキーはもともと、重い荷物を運ぶ輸送犬。彼らにとって大事なのは直進し続けることです。ミニチュアダックスは、アナグマを穴から追い出すための仕事をする犬。吠えるのが仕事なので、静かにしろといっても無理な話です。こうした本来もっている犬種ごとの「習性」を理解し、尊重してあげることが大切です。

家づくりでも、犬種に合わせて間取りや床材を変えたり、洗う場所を用意したり、いろんな工夫ができます。
ぜひ「こんな犬を飼っている(または飼いたい)ので……」と相談してみてくださいね。