BLOGブログ

2018.05.22

▼しらかばハウジングの施工事例紹介

夫婦の開放的な平屋の家! 西尾市S様邸:前編

最近、年配の方の間だけでなく、若いファミリーにも平屋がじわじわと注目度を上げているようですね。今回のしらかばハウジングの施工事例では、そんな平屋をご紹介します。
西尾市のS様邸。お仕事の都合で50代で実家に戻ることになったS様夫妻は、実家の土地に、23.5坪の平屋を建てることにされました。この平屋の最大の特徴は「仕切りが少ないこと」です。

「とにかく開放的な住まいにしたい」とご依頼をいただき、なるべく柱やドアが少ない間取りを考えました。柱やドアが少ない分、壁の強度を上げなければなりません。設計士が綿密に計画を立て、リビングから寝室までを一目で見渡せるようにしました。
床材にはオーク、壁は牛乳を使った白が美しい塗り壁と、ナチュラル感が心地よい家は、その見渡せるエリアの広さのおかげで、さらに心地よい空間に。畳スペースも一部に設け、くつろぎのひと時を過ごせます。

そして、当社からの提案で玄関の位置は南西の端っこに。玄関を入るとすぐ目の前は壁があり、その右奥にスペースが広がっています。
「こんにちは」と、突然お客様が来られた時に、さすがに寝室まで見えていたら気になりますよね。そのあたりは、経験豊富な当社の設計士が、お客様の希望に沿いつつも実際に暮らしやすいよう、家づくりを考えていきます。
皆さんも「こんな家にしたい!」と、遠慮なくご相談くださいね。

S様邸
床面積:77.85㎡