BLOGブログ

2018.05.24

施工事例

夫婦の開放的な平屋の家! 西尾市S様邸:後編

前回(http://shirakaba-h.com/blog/20180522)に引き続き、夫婦の開放的な平屋の家、西尾市S様邸のご紹介です。
S様夫妻が望まれた「開放的な家」、前回は仕切りを少なくして見渡しを良くしたことを書きましたが、もうひとつ、大きな工夫点があります。何だと思いますか?

それは、「」です。
「風通しの良い家」=気持ちの良い家、ということで、当初からS様が希望されていたことでもありました。風は、開けた扉や窓から入ってきて、出ていきます。家の中を風が気持ちよく通り抜けるために、私たちがしたこと。それは、壁の上部をスペースとして空けることでした。

ただでさえ、扉や柱が少ないので、家を支えるために壁の存在は重要です。その役目をしっかり果たしてもらいながらも、上部に空きを作ることで、風が流れるようにしました。

実際、現在のS様邸では、夏の猛暑日くらいしかエアコンを入れる必要が無く、自然な風のおかげで心地よく過ごしているそうです。

南側の大きな掃き出し窓の外側にはウッドデッキ。そこを開けて、2匹のワンちゃんたちと楽しく過ごしていらっしゃるS様。
平日は夫婦ともお仕事でお忙しい日々。お休みの日をこの開放感のある平屋でゆったりと過ごされ、家族の時間を楽しまれているようです。

S様邸
床面積:77.85㎡