BLOGブログ

2018.06.14

NEW

住まいのノウハウ

太陽と仲良く暮らす家 豊田市S様邸(前編)

「太陽と仲良く暮らす家」と聞いて、皆さんはどんな家を想像されますか?屋根一面に太陽光発電パネルを設置して、その発電で電力をまかなう家、そんなイメージをされる方も多いのではないでしょうか。

豊田市S様の家も、太陽光発電パネルを設置させていただきました。さらにOMソーラーのシステム「OMクワトロソーラー」を取り入れ、太陽光発電パネルが発電するときに発する「熱」もうまく利用。「電気」と「熱」を、太陽からいただいて、快適な暮らしをされています。

「電気」と「熱」があると、どんな風に暮らしに生かせると思いますか。「電気」は、皆さんの普段の暮らしから、想像できるでしょう。そこにOMクワトロソーラーの仕組みが入ることで、「熱」が加わります。すると例えば、これまで電気が頑張ってくれていた冬の暖房や春~秋のお風呂のお湯の温めなどは、熱でまかなえることになります。

地球の環境にも、体にも、お財布にも優しいこうした暮らしを、皆さんもしてみたいと思いませんか。「その分初期費用がかかるでしょう?」というご心配もごもっとも。でも実は、こうした環境に優しく、長く心地よく住める家づくりには、国から補助金が出ることも多いのです。

S様のお宅も、省エネ関連の補助金をもらって、建てられました。「補助金」というのは、一定の条件を満たして家を建てる場合、それを申請すればもらえるお金です。借りられる、ではなく、もらえる!返さなくて良いのです!ありがたいですよね。しらかばハウジングは、こうした補助金制度にも詳しい工務店です。補助金をもらって、希望の家づくりをしてみませんか。いつでもご相談くださいね。

建築延床面積:117.60㎡