BLOGブログ

2018.07.05

▼刈谷市の工務店「しらかばハウジング」の想い・こだわり

「しらかばハウジング」だけに、床にはシラカバを使っています!

企業の社名には、いろんな思いが込められているものです。
私たちの会社「しらかばハウジング」は、「しらかば」が特徴ですよね。
しらかばと聞くと、誰でも真っ白な幹を思い浮かべるのではないでしょうか。

私たちの思いも、その「白さ」にあります。
時代の変化に対応しながらも、まだ何も描かれていない真っ白なキャンパスのような、純真無垢な初心を忘れずに。
目の前のお客様の思いを一番大切に、私たちの思いも重ねてキャンバスに彩り豊かな絵を描いていきたい。
そんな風に思っています。

そして「しらかばハウジング」だけに、実際の家づくりにも、シラカバを使っているんですよ。
私たちのご提案する家づくりでは、床材にシラカバを標準使用しています。
シラカバは広葉樹です。広葉樹はスギやヒノキなどの針葉樹と比べて固いので、物を落としたりしても床が傷つきにくいという良さがあります。また同じ広葉樹でも、カリンなどと比べると値ごろ感があるので、家づくりの費用を上げすぎることなく、お作りすることができます。

この辺りで、シラカバを標準の床材としているところは、ほとんど無いと思います。おかげさまでお客様にも、シラカバらしい、上品で味のある白さを喜んでいただいています。

ただ、木は呼吸するものなので、反ってくることもあります。また当然、節もあります。
こうした木の本質も理解していただいた上で家づくりをしていただけると、木の風合いや、触った感触もより愛おしく、家を一層好きになれると思いますよ。
私たちも「しらかばハウジング」の名を持つ工務店らしく、これからも木の家づくりに誇りをもって、皆さんにご提案していきたいと思います。