BLOGブログ

  • トップページ>
  • ブログ>
  • 施工事例 家族の今と未来を考えた、小さな工夫の詰まった家 刈谷市M様邸:前編

2018.07.17

▼しらかばハウジングの施工事例紹介

施工事例 家族の今と未来を考えた、小さな工夫の詰まった家 刈谷市M様邸:前編

しらかばハウジングの施工事例、今回は刈谷市のM様邸をご紹介します。

ご夫婦と、小さな娘さん2人の4人家族です。
外壁、内壁にヨーロッパ漆喰エスタコウォール」を使った、美しい白が印象的なM様邸。
家の中には、家族が暮らしやすくなるための小さな工夫がたくさん詰まっています。

まずは、玄関から細長く続く土間。その壁面に広く棚を設置しました。
さぁ皆さん、これでM様がどんな方か分かりますか?

正解は「靴がたくさんあるご夫婦」。
靴が大好きなM様ご夫妻。靴の数はどんどん増えていき、その置き場がないことがストレスだったそうです。
土間を作り、広い棚を設置したことで、もうそのストレスとはさようならです。
気に入った靴をきれいに並べられるこの棚は、お気に入りの場所のひとつになること、間違いなしですね。

また、土間がキッチンまで続く設計になっているので、スーパーで食材を買ってきたときや、毎朝ごみを出しに行くとき、キッチンと玄関とを直行でき、動きに無駄がありません。
さらには、小さなお子様がいらっしゃるM様ならではの「ベビーカーや子どもの遊び道具の置き場がない」というお悩みも、この土間が解消してくれました。

次に、リビングの南上部に設けた吹き抜け。これでしっかりと光が入り、明るいリビングでのびのびと過ごせます。
この吹き抜けと採光窓にまつわる「小さな工夫」は、何でしょう。

それは、採光窓のところにキャットウォークを付けたことです。
飼いネコちゃんが遊ぶためではありませんよ(笑)。
「窓を掃除できないと困る」という奥様のご相談にお応えしたものです。

こうした小さな工夫を入れ込んで家づくりができるのは、自由設計の楽しさ、地域の工務店と1から家をつくっていく楽しさのひとつだと思います。いろんなことをお話して、心地よい家づくりをしていきましょうね。

延べ床面積107.24㎡(約32.20坪)
敷地面積133.56㎡(約40.10坪)