WORKS施工事例

刈谷市 M様邸

家族の今と未来を考えた、小さな工夫の詰まった家

しらかばハウジングの施工事例、今回は刈谷市のM様邸をご紹介します。ご夫婦と、小さな娘さん2人の4人家族です。

●外壁・内壁
外壁と内壁にはヨーロッパ漆喰「エスタコウォール」を使っています。美しい白が印象的なM様邸。

●土間
玄関から細長く続く土間。
土間がキッチンまで続く設計になっているので、スーパーで食材を買ってきたときや、毎朝ごみを出しに行くとき、キッチンと玄関とを直行でき、動きに無駄がありません。
さらには、小さなお子様がいらっしゃるM様ならではの「ベビーカーや子どもの遊び道具の置き場がない」というお悩みも、この土間が解消してくれました。

●土間の壁面にある広い棚
靴が大好きなM様ご夫妻。靴の数はどんどん増えていき、その置き場がないことがストレスだったそうです。
土間を作り、広い棚を設置したことで、もうそのストレスとはさようならです。気に入った靴をきれいに並べられるこの棚は、お気に入りの場所のひとつになること、間違いなしです!

●吹き抜け
リビングの南上部に設けた吹き抜け。
これでしっかりと光が入り、明るいリビングでのびのびと過ごせます。

●キャットウォーク
採光窓のところにキャットウォークを設けました!
飼いネコちゃんが遊ぶためではありませんよ(笑)。
「窓を掃除できないと困る」という奥様のご相談にお応えしたものです。

●畳コーナー
広いリビングの一角に、少し段を上げて畳コーナーを設けました。そして段差の部分を収納スペースに。ここまでは採用する方の多い設計ですが、M様邸の畳コーナーの工夫は、これだけでは終わりません!

●掘りごたつ式のカウンターテーブル
畳コーナーの端っこに掘りごたつ式のカウンターテーブルを設置しました。
まだ今は小さなお子さんたちですが、将来、学校から帰ってきて勉強をするとき、リビングスペースでできるようにと、娘さんたちの勉強スペースとして設置しました。

●2階の広いお部屋
将来子どもたちの部屋にするため、今は12畳ほどありますが、将来的には真ん中で2つに分けられるよう、ドアは2つ。子どもたちがこのままでいいと言えばこのまま、分けたいと言えば分けられるようなつくりになっています。

家の設計を考える時、ついつい今現在の家族の様子にのみフォーカスしてしまいがちですが、暮らしは将来へと続いていくもの。しらかばハウジングでは、今どんな暮らしがしたいか、将来はどのようにしたいか、その辺のお話をじっくり聞いて、家づくりを進めていきます。

小さな工夫をたくさん入れ込んで家づくりができるのは、自由設計の楽しさ、地域の工務店と1から家をつくっていく楽しさのひとつだと思います!