BLOGブログ

2018.03.08

住まいのノウハウ

内窓や専用塗料で、温度差を抑えて結露対策に

前回(http://shirakaba-h.com/blog/20180306)は、結露が生じる原因の温度差や、その対策として、窓は複層ガラスを、またサッシは樹脂製のものを採用することについてお伝えしました。

今回は、リフォームの場合の内窓や専用塗料による断熱性・遮熱性を高める結露対策。また免疫住宅(FFC)によるカビ対策についてお届けします♪

窓ガラスや窓のサッシの変更よりも、もう少し手軽にできるのが内窓の設置です。現在の窓の内側の部分に、さらに窓を取り付けて2重窓にすることができます。施工のための所要時間が数時間で済むのもポイントです。

窓ガラスに遮熱・断熱のための専用塗料を塗るといった方法もあります室内側に塗装するので、耐用年数は実質的に半永久的となります。施工のための所要時間も、最短で数時間で済むのも特徴のひとつです。

カビ対策では、花粉症やアトピー性皮膚炎・アレルギー症状等の改善を手助けしてくれる「免疫住宅(FFC)」が、オススメです。カビが逃げていくような仕様になっているので、とっても安心です。

結露対策やカビ対策のためのリフォームや工事、その他の関連した補助金制度など、分からない点などがありましたら、お気軽にお問い合わせください♪
 
お問い合わせは、こちらからどうぞ。
http://shirakaba-h.com/contact