BLOGブログ

  • トップページ>
  • ブログ>
  • 施工事例 家族の今と未来を考えた、小さな工夫の詰まった家 刈谷市M様邸:後編

2018.07.19

施工事例

施工事例 家族の今と未来を考えた、小さな工夫の詰まった家 刈谷市M様邸:後編

前回(http://shirakaba-h.com/blog/20180717)に引き続き、しらかばハウジングの施工事例として、刈谷市のM様邸をご紹介していきます。

M様邸の1階。広いリビングの一角に、少し段を上げて畳コーナーを設けました。そして段差の部分を収納スペースに。ここまでは、採用する方の多い設計ですよね。でもM様邸の畳コーナーの工夫は、これだけでは終わりません。端っこに掘りごたつ式のカウンターテーブルを設置したのです。さぁ、どうやってここを使おうというのでしょうか。

正解は、「娘さんたちの勉強スペースとして」でした!
まだ今は小さなお子さんたちですが、将来、学校から帰ってきて勉強をするとき、リビングスペースでできるようにと、設置されました。

また、2階の広いお部屋は、将来子どもたちの部屋にする予定。今は12畳ほどありますが、将来的には真ん中で2つに分けられるよう、ドアは2つ。子どもたちがこのままでいいと言えばこのまま、分けたいと言えば分けられるようなつくりになっています。

家の設計を考える時、ついつい今現在の家族の様子にのみフォーカスしてしまいがちですが、暮らしは将来へと続いていくもの。しらかばハウジングでは、今どんな暮らしがしたいか将来はどのようにしたいか、その辺のお話をじっくり聞いて、家づくりを進めていきます。

延べ床面積107.24㎡(約32.20坪)
敷地面積133.56㎡(約40.10坪)