BLOGブログ

2024.05.29

▼スタッフブログ

目立たずに咲く❗イヌツゲの花💖(自然のたより No.262)

みなさん、こんばんは。

しらかばハウジング「自然のたより」ブログです。

きょうは、『イヌツゲ』の花

ご覧ください。

 


公園の境に植えられているイヌツゲ

公園と道路の境に植えられているイヌツゲです。

 

緑の葉ばかりと思いきや、

よく見ると、

何やら小さな白い点が

いくつもありますよ。

 


『イヌツゲ』の花(その1)

白い点をちょっとアップすると、

何と花が咲いていますよ。

葉のわきから出た花柄は分かれずに

花が一つ咲いていますね。

 

上から花を撮るとこんな感じです。

よ~く見ると

雄しべが4本

雌しべが1本

見られますよ。

 

一つの花をアップしてみました。

雄しべの葯には

花粉が見られませんね。

雌しべの周りには

ゼリーのようなものが見えますね。

何かなあ?

 


『イヌツゲ』の花(その2)

こちらは葉のわきから出た花柄は

枝分かれして

5つから6つぐらいの花が

咲いていますね。

 

これはつぼみですね。

葉のわきから出た花柄が

いくつか枝分かれしているのが

よく分かりますね。

 

つぼみをアップするとこんな感じです。

 

この花は一斉に咲かず、

ちょっとずつずれて咲いているんですね。 

 

これは花のアップです。

雄しべが4つあるのがわかりますね。

こちらの花は雄しべに葯に花粉がついているようですね。

でも、雌しべが見当たりませんよ。

 

さらに、アップしてみました。

やはり、雌しべはありません。

雄しべの先にはしっかり花粉がついていますね。

その1の花とは違いますね。

調べてみると、

こちら(その2)は雄株で雄花が咲き、

その1は雌株で雌花が咲いていることが分かりました。

(雌花の雄しべは、退化して花粉がないのかな?)

 


『イヌツゲ』を訪れるアリ

撮影した写真の中にアリが写っているものがありました。

どこにいるが分かりますか?

3匹いますよ。

 

3匹いる部分を切り取りして

引き延ばしていました。

アリが分かりますか?

 

さらに切り取りして、

ほぼ中央の2つ花に1匹ずついるところを

引き延ばしましたよ。

分かりますか?

 


 

今日は、目立たないイヌツゲの花

見てきました。

イヌツゲには雌株と雄株がることが分かりました。

しかし、雌花の雌しべの周りのゼリー状のものは何なのかわかりません。

蜜なのかなとよそうをしていますが・・・、どうでしょうか?

また、雌花の雄しべは退化して花粉が出ないのかなあと予想しましたが、

これもよく分かりません。

花に訪れているアリは、花粉を運んで受粉を助けているのかな?

イヌツゲもいろいろな生き物とかかわりながら生きているんでしょうね。

「目立つ花もあれば、目立たぬ花もある」これも何か意味がるのかな?

 

分かることも少しはありますが、

分からないこともいっぱい出てきますね。

世の中生きていくというのはこういうことですかね。

一つわかったと思いきや、次のわからぬことがふわっと湧いてくるんですよね。

 

今日も「自然のたより」をご覧いただき、

ありがとうございます。