BLOGブログ

  • トップページ>
  • ブログ>
  • 食べごろのクワの実💖雌株で実ができるまで❗【Part 2】(自然のたより No.256)

2024.05.20

▼スタッフブログ

食べごろのクワの実💖雌株で実ができるまで❗【Part 2】(自然のたより No.256)

みなさん、。

しらかばハウジング「自然のたより」ブログです。

きょうは、『クワ』の雌株で実ができるまで

ご覧ください。

 


『クワ』の雌株で実ができるまで

芽吹き出した雌花です。

 

葉の芽吹きです。

 

いたる所に雌花が咲き出していますよ。

 

今年伸びた緑の枝葉から

雌花の集まりは出ているようですね。

 

よく見ると、

一つの雌花の雌しべの柱頭は

2つに分かれているようですね。

 

古い枝から今年伸びた若い枝の分かれ目のここでは、

雌花の集まりは分かれ目の付け根から

いくつも混雑し出ていますね。

 

若い枝の部分のここでは、雌花の集まりは

葉と若い枝との分かれ目一つから一つと

整然と出ているものがりますね。

 

雌花の花の集まりをアップすると、

雌しべの下の方が膨らんでいますね。

 

花が終わると、小さな黄緑色の実がいくつも集まり

一つの房になっていますね。

 

一つの房を拡大するとこんな感じです。

 

実は、黄緑色から少しずつほんのりと赤色に染まってきます。

 

一房全体がほんのり赤色になった実です。

 

そのうち緑の葉の間から

赤色に染まってきた実がいくつも顔を出します。

 

そして、赤と紫の美しい色合いが目に留まるようになります。

 

そうこうしているうちに

濃い青紫色(限りなく黒色に近い)の熟した食べごろの実ができます。

 

一房をアップするとこんな感じです。

 


 

クワの雌株の花から食べごろの実ができるまで

紹介しましたがどうでしたか?

クワの実は

鳥たちにも人気があります。

下の写真のようにスズメやムクドリなどがよく訪れています。

 

今日も「自然のたより」をご覧いただき、

ありがとうございます。