BLOGブログ

2022.06.14

NEW

▼刈谷市の工務店「しらかばハウジング」の想い・こだわり

戸建リノベで昭和の家を「令和の家」に再生させませんか?

こんにちは、しらかばハウジングです。
新築住宅の家づくりやリフォームに加えて、古民家やマンションのリノベーションにも取り組んでいるしらかばハウジング。
家をゼロから作ること、そして今ある家に手を加えて住み続けるためのリフォーム、どちらもしている立場から、今日は最近人気のリノベーションに関する話題をお届けします。

 

■リノベーションはどこにお願いするのがいいの?

家やマンションをリノベーションする場合。
皆さんは、工事を依頼する先としてどんなところをイメージされるでしょうか?

リフォーム専門会社、ハウスメーカー、工務店、個人の大工さん……。
色々な答えを思い浮かべた方がいらっしゃると思います。

結論からお話をしてしまえば、古い家をリノベーションする場合。最も適している依頼先は、新築もリフォームも長年見てきた経験がある会社です。
と言うのも、リノベーションや家の状態を的確に見極め、どんな工事が必要かを正しく導き出さなければいけません。

「家の構造は大丈夫?」
「断熱は、今のままにしたほうがいい?それとも……?」
「そもそもこの家は、リノベーションしたら安心して暮らせる家になるの?」

こうした疑問に対して、正しくジャッジするためには、家づくりに関する知識と古い家に対する知識、どちらも欠かせない要素です。

例えば新築の家づくりばかりをしている会社の場合。
リノベーションしようと思っても、古い家の構造がわからず、正しく適切なリノベーション内容を見極められないかもしれません。
一方でリフォームのプロはプロで、家づくりをゼロからやったことがなければ、家の構造や工法についての知識が浅く、必要な耐震補強などに関しては判断ができないことも。

だからこそ、古い家をリノベーションする際には、

・「新築の家づくり」に関する知識と経験
・「古い家をリフォームする」知識と経験

両方を持っている会社が一番安心です!

 

■しらかばハウジングはどう?

では、私たちしらかばハウジングでは、こうした家づくりとリフォームの知識を持っているのでしょうか?
もちろんそこに対する答えは「イエス!」。

築100年以上の古民家リノベーションから、小規模なリフォーム、そして新築の家づくりまで。長年お客様からご相談いただき、さまざまな工事を担当してきました。
だからこそ、安心していただきたい、しらかばハウジングのリノベーション。

とくに昭和の高度経済成長期に建てられた家は、量産や効率化を重視した結果、構造や材料の品質にあまり力を入れて作られなかった物件も少なくありません。

一口に「昭和の家」と言っても、家によってリノベーションに耐えうるのか、そうでないのか。物件の評価は大きく変わります。
まずは、住まいに関する知識が豊富なしらかばハウジングに、ぜひ相談してみていただきたいなと思っています!

 

★しらかばハウジングのリフォーム事例はこちら

★しらかばハウジングの施工事例についてはこちら