BLOGブログ

2019.09.03

▼家づくりを始める人のためのお役立ちコラム

水まわりリフォームの「今ドキ」って?


 

■キッチンは収納力アップ、IHが主流に

家も、建ててから20~30年すると、いろんな所にリフォームが必要になってきますよね。相談の中でわりと多いのが、キッチンや洗面、お風呂、トイレなどの水回りについてです。毎日使う場所なので、壊れたらリフォームというわけにもいかず、「どのタイミングでお願いしたらいいのか…」という悩みもよく聞きます。基本的には「変えたいと思った時が変え時」、これが答えです。
 
「ちょっと使いづらくなってきたな」「年季が入って来たから新しくして気分を変えたいな」、そんな風に感じたら、リフォームを考えてみましょう。家を建てた時から20~30年というと、設備もだいぶ変わってきています。今回は、水回りの各設備が、この20~30年ほどでどんなふうに変わったかを、ざっと紹介します。
 

 
まずは、キッチン
 
一番大きな変化は、流し台やガス台、収納などがセパレートで設置されていたのが、システムキッチンとして一体化した、ということでしょう。これで「流し台と作業スペース、ガス台の大きさがうまく合わない」ということもなくなりましたし、掃除もずいぶん楽になりました。また、吊戸棚などもついて、収納力が大幅にアップしました。食事ごとにそれに合った食器をいろいろと使って楽しみたい方や、調味料をたくさん置きたい方などは、今のキッチンに替えるだけで、ずいぶんと暮らしが楽しくなるのではないでしょうか。
 

 
また、ガスコンロからIHクッキングヒーターへの変化も見逃せません。天板が平面になることで、料理後の汚れは布巾でさっとふくだけに。主婦にとっては、本当にうれしいことですよね。「IHは火力が弱いのでは?」という話も聞いたことがありますが、実際そんな心配はありません。
 
さらに嬉しいことに、これに合わせてお風呂の給湯器をエコキュートに替えれば、家がオール電化に。するとガスの基本料金が不要になるため、光熱費が節約できます。リフォームのタイミングで、家のオール電化を考えてみてはいかがでしょうか。
 

■掃除しやすく、見栄えも良くなったお風呂やトイレ

続いて、お風呂やトイレ掃除のしやすさや見た目がずいぶんと良くなりました。
 
まずお風呂は、どうしても水気が多いため、カビが生えやすくなってしまいます。それを解消すべく、どのメーカーも日々少しずつ改良を重ね、ずいぶんと変わりましたよ。床面の角度や材質を工夫し、水はけの良さがぐんと良くなりました。また、お風呂での転倒などを避けるために、滑りにくい床になりました。こうした水はけの良さや滑りにくさだけでなく、掃除をする面からも、掃除がしやすい、汚れがたまりにくく落ちやすい床に変わりました。この、掃除のしやすさは浴槽も同じ。きれいに保ちやすいお風呂は、使っていても気持ちよいですよね。
 

 
お風呂は、壁面のデザインが豊富になり、選ぶ楽しみが広がりました。ユニットバスでも、高級感を感じるお風呂にすることができます。壁面のデザインを変えるだけでも、お風呂の印象はグンと変わりますよ。
 

 
トイレは、ここ数年で、タンクレスが増えました。何が嬉しいって、見た目がスッキリすることですよね。スタイリッシュになって、掃除も楽になりました。ただひとつ、タンクレストイレにリフォームするときには気を付けないといけないことが…。それは、手洗い場が無くなってしまうことです。今まで、トイレ=タンクの上部が手洗い場、ということが当然すぎて、タンクレストイレにリフォームした後で「どこで手を洗えばいいんだ~!」となってしまわないように。近くに洗面台などがある家庭はそれで良いですが、トイレに手洗い場が無いと困る家庭は、別で取り付ける必要があります。
 

■オリジナリティを加えるリフォームが楽しい

最後に、洗面台です。
 
洗面台は、さほど大きな変化はありません。基本、顔を洗ったり歯を磨いたりする場所ですからね、あまり変わる余地が無いのでしょう。収納スペースが増えたぐらいでしょうか。
 

 
それでも、設備は時代を映す鏡だなと思ったことがあります。「朝シャン」が流行った頃、毎朝そこで頭が洗えるように、洗面ボウルも深くなったんですよ。だからその頃に家を建てたお宅の洗面台は、洗面ボウルが深い形状なのではないでしょうか。シャワーのホースも多少長めかも。面白いですよね。
 
洗面台にもっとオリジナリティを出したい!という場合は、メーカー品ではなく、私たちしらかばハウジングがお作りすることだってできます。木のカウンターを設置して、洗面ボウルを入れて…と、おしゃれなカフェのような洗面台だって、希望があれば作れるんですよ。
 
リフォームは、暮らしをより自分らしく、楽しく変化させるチャンスです。「使いづらくなったから、使いやすかった頃の状態に戻してほしい」ではなく、「リフォームをきっかけに、こんなふうに暮らしたい」とご相談いただければ、きっと満足のいくリフォームになります。
 
リフォームを考える時になったら、まずはご相談ください。ショールームにお連れすることもできるので、そこでいろいろと見てみて、イメージを膨らませましょう。それをもとに、自分たちにとってリフォームで優先したいことは?と考え、「設備の入れ替え」だけではない、やって嬉しくなるリフォームにしたいですね。