BLOGブログ

  • トップページ>
  • ブログ>
  • 【理想の暮らしから考える家づくり】料理を思い切り楽しめる家にするにはどうしたらいい?

2021.10.28

▼家づくりを始める人のためのお役立ちコラム

【理想の暮らしから考える家づくり】料理を思い切り楽しめる家にするにはどうしたらいい?

こんにちは!しらかばハウジングです。
今日は、しらかばハウジングの池田と、料理が大好きなTさんが、料理しやすい家づくりについて考えます。
「マイホームが完成したら、好きな料理を思いっきりして、家族や友人とホームパーティーを開くのが夢」というTさんには、一体どんなキッチンプランがおすすめなのでしょうか?しらかばハウジングの池田と一緒に考えます。

(※Tさんは架空の人物です。)

 

■理想のキッチンで性格診断!

――Tさん
私、食べることももちろんですが、料理をするのも大好きで。
マイホームを建てるならキッチンにはこだわりたいな、って思っているんです。

――池田
わ、いいですね。それは、マイホームが完成したら、ぜひご馳走になりたいくらい。
ちなみに、Tさんは「キッチンはこうしたいな」という理想はありますか?

――Tさん
う〜ん、漠然としているんですが、対面式のキッチンはやっぱりいいなって思います。使いやすさならアイランドタイプも理想だけど……

――池田
なるほど、さてはTさん、実は小さい頃からリーダータイプだったりしませんか?

――Tさん
えっ、確かにそう言われてみたらそうかも。何でわかるんですか?

――池田
これは、半分冗談話として聞いてもらいたいのですが……。
キッチンの理想のスタイルでもその人の性格がわかるんですよ。例えば、対面スタイルでいつもリビングやダイニングにいる家族の様子を見渡せるキッチンは、家族とのコミュニケーションを大切にしていたり、家族に色々と指示を出したりしたいタイプ。

反対に、壁付タイプのようなキッチンは、一人で黙々と料理に集中できることから、一人で過ごすことが好き、なんて方も多いんですよ。

もちろん、全ての人がそうとは限りませんが、ご自身の性格にあったキッチンスタイルもあるんです。

――Tさん
それ、おもしろい!今度友達に話してみようっと!

 

■キッチンをどう使いたいか、でスタイルを考えよう

 

――Tさん
ちなみに、我が家の場合はホームパーティーをしたときに、家族や友達と一緒に料理できたらなって思っています。その場合はやっぱりアイランドがいいですかね?

――池田
そうですね。3、4人でわいわいお料理をしたいなら、作業台の前後左右に立てるアイランドタイプがおすすめです。とは言え、アイランドタイプはどうしてもコストがかかってしまいますから、落とし所としては1面だけ壁付けになったペニンシュラタイプもいいかもしれませんね。

その場合は、通路の幅を、大人がすれ違えるくらいの少し広めのタイプにしてもいいでしょう。

――Tさん
ちなみに、友達は家事ラクを考えて壁付けにしたって言っていました。

――池田
そのお友達の選択は、正しいですね。壁付けキッチンは確かに料理中に子供の様子を見守れない、と言われることもありますが、配膳や片付けしやすさを考えれば、壁付けがダントツで便利

くるっと振り返るだけで、お料理をダイニングテーブルに並べられます。
歩く歩数が少ないので、家事動線をなるべく短くしたいという方にも向いています。

Tさんのように、みんなでキッチンに立ちたいなら、ダイニングテーブルを作業スペースとして考えて、壁付けキッチンを使うという方法もありますよ。

――Tさん
なるほど〜。キッチンひとつとっても奥が深い!
間取りの相談、させてください!

 

★しらかばハウジングの施工事例についてはこちら