BLOGブログ

2022.04.28

▼家づくりを始める人のためのお役立ちコラム

【理想の暮らしから考える家づくり】トイレ掃除でラクしたい!

こんにちは、しらかばハウジングです。

毎日を過ごすマイホーム。お掃除をするときに、少しでもお手入れがしやすいものだと、家事にかかる時間も減らせ、ストレスも軽減されるものですよね。

せっかくこれからリフォームや家づくりをするなら、メンテナンスがラクになる設備や工夫を取り入れるのも大切な未来への投資♪

そこで今日は、お掃除ラクなトイレ選びのコツやおすすめトイレを、しらかばハウジングの池田がご紹介いたします。

 

(※Tさんは架空の人物です。)

 

■トイレ掃除が毎日のストレス!? ストレスフリーな家にするには?

――Tさん

毎日のトイレ掃除って、本当に面倒で。家族が分担してくれれば良いのですが、そううまくはいかず。

家をリフォームするときに、「このトイレなら掃除がしやすくておすすめ」というものありますか?

 

――池田

それなら、パナソニックのトイレ『アラウーノ』が良いかもしれませんね。

トイレは陶器製というイメージがある方が多いのですが、実はパナソニックのトイレは素材が陶器ではなく樹脂製で、汚れがつきにくく掃除しやすいトイレなんですよ。

 

――Tさん

え、樹脂製のトイレ?なんだかイメージがつきません!

 

――池田

そうおっしゃられる方、結構たくさんいらっしゃいます。確かに昔からあるトイレメーカーのものは陶器製が多いですが、樹脂製にすることで陶器にはないメリットを実現しているんです。

 

 

■パナソニックの樹脂トイレ、その魅力は?

 

――池田

たとえば、樹脂から作られるので、便器と便座が一体成形されていて、つなぎ目がない形になっているのも特徴の一つ。パナソニックではこれを「スキマレス設計」と言っているようですよ。

 

――Tさん

スキマがないとどんな良いことが?

 

――池田

特に水回りの設備は、使っているとどうしても隙間に汚れやカビなどが溜まり、そこをきれいにするのが大変。トイレでもそれは同じ。

スキマがなければ、汚れが溜まりやすい場所が減るので、それだけお手入れがしやすくなるというわけです。

画像出典:パナソニック公式サイト 

 

――Tさん

他にも樹脂製のメリットはあるのでしょうか?

 

――池田

陶器のトイレは親水性といって水に馴染みやすい性質がありますが、パナソニックのトイレは撥水性。表面に有機ガラス系の新素材が使われていて、水がかかると球のように水滴になって弾かれます。だから尿ハネなどの汚れもつきにくいと言われています。

 

――Tさん

それは嬉しい!でも、毎日ブラシで掃除するのは必要ですよね?

 

――池田

Tさんがイメージしているよりも、ずっと少ない頻度でトイレ掃除をすれば良いのがパナソニックのトイレです。『アラウーノ』には、泡と水流でお掃除をしてくれる激落ちバブル機能というものがあります。

画像出典:パナソニック公式サイト 

 

――Tさん

なんですか、それ!すごくきれいになりそうなネーミング!

 

――池田

そうなんです。事前にトイレにセットしておいた洗剤を使って、たっぷりの泡でトイレの水を流すたびに洗浄してくれるので、毎日トイレ便座の中を掃除しなくても良い点が、『アラウーノ』の人気の理由にもなっています。

ちなみに公式の洗剤以外にも、中性の台所用合成洗剤も使えますよ(^^)

 

――Tさん

そんな高性能なトイレなら、お掃除ストレスも無くなりそう!

さっそくそのトイレをリフォームで使ってみたいので相談に乗ってください♪

 

★しらかばハウジングのリフォーム事例はこちら

 

★しらかばハウジングの施工事例についてはこちら