BLOGブログ

2022.05.19

▼しらかばハウジングの施工事例紹介

畳コーナーや和室のデザインいろいろ◎施工事例から集めてみました!

こんにちは、しらかばハウジングです。
最近の住まいでは、和室や畳コーナーを作らないという選択をされる方も増えています。
とはいえ、やっぱりゴロゴロくつろげたり、来客時の客間として使えたりする畳のある空間は、あると便利なスペースです。
そこで今日は、畳コーナーや和室をマイホームに作る際のアイデアを施工事例から厳選してご紹介
家づくりの参考にしてみてくださいね(^^)/

 

■2階空間を和室スペースに

 

最近の畳は縁なしの正方形タイプ(琉球畳)が主流です。
縁がない畳なら、和のテイストも程よく抑えられ、フローリングとフラットにつながる空間にしてもそれほど違和感はありません。

こちらのお家は、階段を2階へと上がってすぐの空間に畳を敷き、ゴロゴロできるスペースに。
お子様の遊びコーナーとして、セカンドリビングとしてなど、自由に使えるコーナーとなっています。

 

■フローリングと畳がフラットにつながる平屋

 

ご夫婦2人暮らしのお客様邸でも、畳スペースとフローリングとをフラットにつなげてワンルーム感覚で使えるお家をプランニング!
お庭に面した一番日当たりの良い場所を畳にすることで、ゴロゴロお昼寝をするのも気持ちの良い場所になりました。

 

■ダイニング横の小上がり畳コーナーはキッチンと対面に

 

小上がりの畳コーナーは、畳と床との段差部分をベンチとして使えたり、畳の下を収納スペースとして使えたりと、何かと便利な形です。
小上がり畳コーナーをダイニング横に作ったこちらのお客様邸では、畳コーナーをキッチンから覗き込める間取りに。
キッチンでお料理しながら、畳コーナーで遊ぶ子どもたちの様子を見守れて、家族のコミュニケーションも育めるプランです。

 

■マンションリフォームでも畳コーナーを採用!

 

 

マンションのリフォーム、リノベーションもお手伝いしているしらかばハウジング
こちらのマンションリノベーションをしたお客様邸では、リビングの横に引き戸で仕切れる畳コーナーを。

華やかなデザインの襖は、インテリア性もあり、絵や花を飾らなくてもリビングに彩りを運んでいます。
戸を閉めれば1つのお部屋として使えるので、突然の来客時などにも役立ちますよ♪

いろいろなスタイルで取り入れられる畳スペース。
これからマイホームを建てるなら、是非参考にしてみてくださいね!

★しらかばハウジングのリフォーム事例はこちら

★しらかばハウジングの施工事例についてはこちら