BLOGブログ

2021.05.06

▼家づくりを始める人のためのお役立ちコラム

和テイストをそこかしこに取り入れた住まい〜お客様邸の事例より〜

5月に入り過ごしやすい季節になりました!今日はしらかばハウジングで家づくりをお手伝いさせていただいたお客様邸の中から、OMソーラーを取り入れた和テイストが素敵なA様邸をご紹介いたします。
最近の住宅は色々なデザインの流行がありますが、やっぱり長く暮らすマイホーム。古き良き和テイストは飽きのこないスタイルですよね。
そこで今日は、和テイストをそこかしこに取り入れたA様邸をじっくりご紹介いたします。

 

■ヒノキの無垢フローリングの開放感あるリビング空間

大きな吹き抜けのある和風の住まいを」とご要望いただいたA様。

1階リビングには節なしの、ヒノキの無垢フローリングを使い、素足でも木の温かみを感じながら過ごせる開放的な空間が完成しました。

 

梁出しの天井に加えて、吹き抜け天井にはマツの丸太を採用。1本1本曲がり方や太さ、木目の出方など個性のある無垢材が、大切なお客様邸をより愛着ある風景にしています。

吹き抜け天井だけでなく、和室ともつなげることで、LDKの開放感は抜群です。

 

■収納もたっぷり!洗面・脱衣コーナー

A様邸の洗面・脱衣コーナーは、室内干しポールも取り付けた、収納たっぷりの空間です。
リビング側から入れる洗面・脱衣スペースの入り口付近には、オープンラックの収納を取り付けています。

フロア(床)には藤のような素材感が楽しめる、クッションフロアを採用しました。

OMソーラーを取り入れているA様邸は、洗面台の足元にも冬は暖かい空気が送り出される排気口を配置
洗面コーナーやお風呂は冬になると寒さが気になる場所の一つ。足元も暖かいと、冬も快適に過ごせます。

 

■2階のフローリングは「節あり」でコストを調整

 どうしても他のフローリング材と比べると、コストが割高になってしまう無垢材フローリング。
2階に使うのは、少しだけコストが安く抑えられる節ありを選ぶなど、お客様のトータル予算と相談しながら、できる限り願いを最大限叶える工夫をしています。

大切な住まいは、理想のプランやデザインを実現するのももちろん大切ですが、住み始めた後の暮らしもしっかりと考えなければいけません。しらかばハウジングでは、お客様の大切な資金計画やライフプランとも照らし合わせながら、一緒にプランを考えていきます。

 

■吹き抜け空間&OMソーラーの住み心地は?

家づくりについてお客様とお話ししていると、「吹き抜けのある家は冬寒く、夏暑いのでは?」と時折ご質問いただくこともあります。
実は、吹き抜けの家で寒い/暑いを強く感じる場合、冷気や暖気の通り道をしっかりと考えた設計ができていないケースが多いのが現状です。

しらかばハウジングでは、こうした空気の流れもしっかりと考えて間取りや階段の位置を考え、プランニング。

加えて、OMソーラーシステムを取り入れれば、太陽熱を集めて蓄熱し、家全体を蓄えた熱で温めるのでこうした悩みから解放されます。吹き抜け空間の方が、却って効率的に室内を快適に保てるという側面もあるんですよ!

 

画像出典:OMソーラーHP

 

木をふんだんに使ったOMソーラーの家、A様邸宅。いかがでしたか?
家づくりのこと、OMソーラーのこと、そして木を使った家づくりについて気になる方は、お気軽にお問い合わせくださいね!

 

[関連記事]

[blog] しらかばハウジングの施工事例紹介

築100年近い古民家をリノベーション(西尾市K様邸)★祝・デザインアワード入賞

★しらかばハウジングの施工事例についてはこちら